LOG IN

神田明神 夜の道中

by 着付師いっちゃん

神田明神が宵闇に包まれる頃
正門から笙の音が響く
今宵限りの絢爛豪華な道中の始まり

鳶に扮した粋なお姐さん方の手古舞
キリキリとした中に独特の艶
夜の色合いに鯔背な柄の赤の襦袢が
目をひく

続いて男衆
珍しく雪駄を履いての踊り

花魁のお出まし
闇も深まりいよいよ妖艶

ゆったりと舞を披露
懐紙がなにかをかきたてる

準備を整え花魁道中が始まる

独特の足運び

三枚歯の高下駄

夜に溶けるように通りすぎてゆく


幽玄世界を垣間見たような一夜
あの頃の吉原の客人や働いていた人々も
こんなふうに固唾を飲んで魅入っていたのだろうか


写真協力
ハルカ(@tenchopupu)様


着付師いっちゃん
OTHER SNAPS